前へ
次へ

日本の英語教育が使い物にならない理由

グローバル化時代において、教育現場では、小学校から英語教育の大切さが話題として取り上げられています。
日本の中学校においては、既に教育現場で英語教育がされているにも関わらず、英単語は知っていても話し言葉として英語が話せない人が多くいます。
言葉が話せない主な原因は、書き言葉として覚えてるに過ぎず、記憶された内容を探すかの様にしか頭に思い浮かべれないのが主な原因です。
これを英語では無く、日本語に置き換えれば、話が見えてくるのではないでしょうか。
日本語を話す場合、言葉を探しながら組み立てて、話されてる人はほとんどいないはずです。
心で伝えたい気持ちが、言葉と直結し、自然と口から出るのがほとんどでしょう。
つまり、英語に限らず語学を学ぶためには、伝えたい気持ちにおける心との直結がとても重要なポイントになります。
よくある話としては、恋人として外国の人とお付き合いをすると、語学力が高まりやすい話も存在します。
異なった異国同士の夫婦に授かった子供は、教育を受けていないにも関わらず、自然と2ヶ国語を話せる話も存在するでしょう。
小さな子供ほど、親と話したい気持ちも高く、心と言葉が直結しやすいからではないでしょうか。
英語教育の鍵は、ただ、子供の脳に英語をコピーさせるのでは無く、英語を使って話したい気持ちを作り出す取り組みも重要なポイントでしょう。

Page Top